収入証明書不要のカードローンを一挙公開!

収入証明書不要で借りれるカードローンLP

貸金業法が平成22年6月18日から大きく変わり、貸金業者からの借入総額は年収の3分の1を超えられない総量規制が設けられました。

 

多重債務に陥ってしまう個人の方が増えたために保護する観点から設けられたのですが、借入額や年収次第ではお金に困っても貸金業者から借りられないことがあります。

 

この総量規制のため消費者金融など貸金業者が提供しているカードローン・キャッシングではお申込者の収入を確認するために収入証明書の提出を求めています。

 

収入証明書は最新の源泉徴収票、直近1ヵ月分の給与明細書、市民税・県民税決定通知書、課税証明書または通知書、所得証明書または通知書などです。

 

保管している方が多いでしょうが、もし保管していなかった場合は急な出費で即日融資を受けたい時に新規借入が制限されることがあります。

収入証明書不要で借りられるカードローンもあります!

しかし貸金業者に50万円を超える借入を行う場合、他社の貸金業者を含めた借入総額が100万円を超える場合は収入証明書が必要なだけで、これ以下(50万円以下または他の貸金業者との借入合計が100万円以下)の場合は提出は不要です。

 

運転免許証や保険証、パスポートなどの本人確認書類のみでお申込みすることが可能です。

 

消費者金融などのカードローン・キャッシングへインターネットでお申し込みするときのお申込フォームには希望契約額を選択する項目があります。

 

収入証明書を保管していなくて提出できない場合は50万円以下を選択、他社の貸金業者から借入がある方は合計で100万円を超えない希望契約額を選択されると良いです。

総量規制には例外貸付と除外貸付がある!

総量規制には例外貸付と除外貸付があります。例外貸付は顧客が一方的に有利になる借換えローン、緊急医療費の借入、配偶者と併せて年収3分の1を超えない借入などです。

 

除外貸付は住宅ローンや自動車ローン、担保が自宅以外の不動産担保ローンなどです。

 

専業主婦の方でも配偶者と併せて年収3分の1を超えなければ借入することが可能です。その代わりに配偶者の同意や婚姻関係を証明できる書類の提出が必要です。

銀行カードローンは総量規制対象外の為、収入証明書不要で借りれる?

貸金業法は貸金業を対象にしており銀行は対象外です。このため銀行のカードローンによって収入証明書が不要になる借入額がまちまちです。

 

100万円を超える借入で提出が必要になる銀行のカードローンもあれば、オリックス銀行カードローンの審査のように、300万円以下は収入証明書不要の銀行のカードローンもあります。

 

収入証明書の提出だけを見ると消費者金融など貸金業者のほうが50万円を超える借入と低いです。希望契約額を大きくしたい場合は銀行のカードローンのほうが有利です。

 

その代わりに銀行のカードローンのほうが審査に厳しい傾向がありますので、借入する時には銀行カードローンか、消費者金融か、よく考えて申込みすることが大切と言えます。