収入証明書不要のカードローンを一挙公開!

収入証明書不要で借りれるカードローンLP

貸金業法が平成22年6月18日から大きく変わり、貸金業者からの借入総額は年収の3分の1を超えられない総量規制が設けられました。

 

多重債務に陥ってしまう個人の方が増えたために保護する観点から設けられたのですが、借入額や年収次第ではお金に困っても貸金業者から借りられないことがあります。

 

この総量規制のため消費者金融など貸金業者が提供しているカードローン・キャッシングではお申込者の収入を確認するために収入証明書の提出を求めています。

 

収入証明書は最新の源泉徴収票、直近1ヵ月分の給与明細書、市民税・県民税決定通知書、課税証明書または通知書、所得証明書または通知書などです。

 

保管している方が多いでしょうが、もし保管していなかった場合は急な出費で即日融資を受けたい時に新規借入が制限されることがあります。

消費者金融からの借入可能額

借入可能額=年収(税込)×1/3

 

消費者金融の収入証明不要額

50万円または貸金業者からの借入総額100万円以下

収入証明書不要で借りられるカードローンもあります!

しかし貸金業者に50万円を超える借入を行う場合、他社の貸金業者を含めた借入総額が100万円を超える場合は収入証明書が必要なだけで、これ以下(50万円以下または他の貸金業者との借入合計が100万円以下)の場合は提出は不要です。

 

運転免許証や保険証、パスポートなどの本人確認書類のみでお申込みすることが可能です。

 

消費者金融などのカードローン・キャッシングへインターネットでお申し込みするときのお申込フォームには希望契約額を選択する項目があります。

 

収入証明書を保管していなくて提出できない場合は50万円以下を選択、他社の貸金業者から借入がある方は合計で100万円を超えない希望契約額を選択されると良いです。

総量規制には例外貸付と除外貸付がある!

総量規制には例外貸付と除外貸付があります。例外貸付は顧客が一方的に有利になる借換えローン、緊急医療費の借入、配偶者と併せて年収3分の1を超えない借入などです。

 

除外貸付は住宅ローンや自動車ローン、担保が自宅以外の不動産担保ローンなどです。

 

専業主婦の方でも配偶者と併せて年収3分の1を超えなければ借入することが可能です。その代わりに配偶者の同意や婚姻関係を証明できる書類の提出が必要です。

銀行カードローンは総量規制対象外の為、収入証明書不要で借りれる?

貸金業法は貸金業を対象にしており銀行は対象外です。このため銀行のカードローンによって収入証明書が不要になる借入額がまちまちです。

 

100万円を超える借入で提出が必要になる銀行のカードローンもあれば、オリックス銀行カードローンの審査のように、300万円以下は収入証明書不要の銀行のカードローンもあります。

 

収入証明書の提出だけを見ると消費者金融など貸金業者のほうが50万円を超える借入と低いです。希望契約額を大きくしたい場合は銀行のカードローンのほうが有利です。

 

その代わりに銀行のカードローンのほうが審査に厳しい傾向がありますので、借入する時には銀行カードローンか、消費者金融か、よく考えて申込みすることが大切と言えます。

なぜ収入証明書が必要なのか?

収入証明書不要

収入証明書が総量規制で年収の1/3までしか貸付できないため、年収を把握するために必要となるのです。収入証明では契約者の返済能力が確認できます。

 

そもそも総量規制導入の背景には、貸金業者(主に消費者金融)が、借り手の返済能力を超える貸付を行い、返済不能に陥るといったケースが多発したことにあります。そこで国が返済可能な借入額は年収の1/3と設定したのです。

 

また収入も原則、申告のみでよかったのですが、借りるために虚偽の申告する人も多く、一定の借入額(50万円または総借入額100万円)を超える場合は収入証明提出を義務化することにより多重債務問題の解決を図ろうと導入されたのです。

 

つまり健全な取引を行うために収入証明書の提出は必要なのです。

 

消費者金融で借入できなくなった人が、違法な高金利で貸付を行う「闇金」に手を出さないように銀行カードローンが受け皿となったのです。

年収証明不要な金額は?

消費者金融と銀行カードローンの年収証明不要な金額を比較してみました。ここで比較している銀行カードローンは貸付残高TOP5となっています。

 

見てもらうと銀行カードローンは100万円〜300万円以下は収入証明書不要となっています。消費者金融と比較すると銀行カードローンは年収証明書不要で利用できることが一目瞭然です。収入証明書が見られたくなければ銀行カードローンに申込することを勧めます。

 

消費者金融と銀行カードローン比較
カードローン 年収証明不要金額

消費者金融

50万円以下

三井住友銀行カードローン

300万円以下

オリックス銀行カードローン

300万円以下

楽天銀行カードローン

300万円以下

三菱東京UFJ銀行jカードローン

200万円以下

新生銀行カードローン(レイク)

100万円以下

カードローンを選ぶ基準はやはり金利?

カードローンを選ぶ時に収入証明書不要額も気になりますが、やはり一番気になるのは金利ではないでしょうか?貸金業協会のデータによれば、借入先を選択する時に重要視するポイントは「金利が低いこと」が65.4%となっています。2位が「申込み手順がわかりやすい」ことで39.7%となっており、いかに金利がカードローンを選択するうえで重要なのかがわかります。

 

そこで消費者金融、銀行カードローンの金利について比較してみたいと思います。

 

カードローンの金利を比較!
カードローン 金利
アコム 3.0%~18.0%
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5%
オリックス銀行カードローン 3.0%~17.8%
楽天銀行カードローン 1.9%~14.5%
三菱東京UFJ銀行カードローン 1.8%~14.6%
新生銀行カードローン(レイク) 4.5%~18.0%

 

金利をみるなら下限金利より上限金利をチェックすることが必要です。

 

例えばアコムなら3%~18%ですが、3%が下限金利で18%が上限金利となります。

 

下限金利はどのカードローンも5%以下で1%台のカードローンまであり、こんな金利で借入できればいいのですが、この金利が適用されるのは一部の人になりますのでチェックする必要はありません。

 

初めての利用の場合は、ほぼ間違いなく上限金利が適用されます。おまとめローンや借り換えローンとして大きな金額を借入する場合は、金額によって上限金利より低い金利が適用されます。消費者金融は利息制限法で100万円以上の貸付の上限金利は15%と決まっています。

 

上限だけで比較すると銀行カードローンが2%~3%低くなっています。消費者金融はほとんどが18%(プロミスは17.8%)で設定されているのに対して、銀行はばらつきがありますが、14%台に設定している銀行がおおくなっています。

 

金利で選ぶなら、上限金利の低い銀行カードローンをおすすめします。

収入証明書不要であれば審査に通りやすい?

収入証明書不要であれば申告のの時に、少しでも審査に通りやすくまた少しでも多く借入をするために、虚偽の申告をしても問題ないつまり審査に通り易いと考える人もおられると思います。

 

しかし収入証明書が無くても消費者金融や銀行は年収を把握できています。虚偽の申告をして明らかにおかしな収入を申告してもバレてしまい審査に影響を与えます。

 

把握できているとはいえ、細かくは把握できていないため、10万円~20万円程度であればバレないかもしれませんが、万が一収入証明書の提出を求められたら印象はよくありませんので正直に申告はしましょう。

 

結論を言うと、収入証明書不要だからといって審査が甘いというのは大間違いです。

 

審査を通るうえで一番大事なのは正直に答えることですので肝に銘じておきましょう。

保険証では借入できなくなった?

収入証明書不要で申込可能な場合でも本人確認書類は必ず必要となります。しかしこの本人確認書類の条件が変わりました。原因は平成28年10月1日に犯罪収益移転防止法の改正がなされたためです。

 

本人確認書類とは免許証や保険証、パスポートが挙げられるのですが、変わった点は顔写真付きであることが条件となりました。つまり免許証やパスポートはクリアするのですが、保険証だけでは借入れができなくなったのです。

 

保険証しかない人は借入ができなくなったわけではなく、住民票等の住所がわかる書類があれば借入は可能となります。

 

しかし収入証明書不要でも保険証しか無ければ別の書類を用意しなければならなくなったのは少し手間がかかります。

 

プロミスの公式サイトを見ると来店による契約の場合となっていますのでWEB完結等を利用する場合は必要ないようです。

返済の画像

免許証の住所を書き換えていなかったら借入できない?

住民票の異動をしておらず、免許証の住所も旧住所のままという人もおられると思います。そんな場合は免許証の住所を現住所へ書き換えなければ審査して貰えないのでしょうか?

 

そのような場合でも居住していることを証明できる書類があれば問題ありません。例えば電気、ガス、水道等の公共料金の領収書や納税証明書等を用意すればすれば審査可能となります。しかしあまり古いものだと居住している証明書として見做してくれないため、できれば直近のもの、古くても半年以内のものを用意する必要があります。

 

居住している証明書がないからといって、嘘をついて旧住所(免許証住所)で申込することは絶対に辞めましょう。運よく借入できてもバレたら一括返済を求められたり、最悪詐欺罪で訴えられることもあります。

収入が無い専業主婦(夫)は借入できる?

総量規制では年収の1/3までしか借入ができないとなっていますが、収入のない専業主婦(夫)は借入できるのでしょうか?

 

専業主婦(夫)は消費者金融からは借入不可と考えて下さい。配偶者の同意があれば貸付できますが、実際は行われていません。

 

全ての銀行ではありませんが、銀行カードローンでは専業主婦(夫)の借入は可能となっています。金額はMAX30万円~50万円までと考えて下さい。例えば下記のおすすめカードローンのみずほ銀行カードローンであれば専業主婦の方でも30万円までなら借入可能となっています。

 

あまり大きな金額金額は期待はできませんが生活費位なら借入は十分可能です。

 

審査は配偶者の年収に基づいて審査されます。申告のみで収入証明書不要で借入できるカードローンもあります。

 

☆おすすめカードローンランキング☆

 

 

みずほ銀行カードローンの特徴

あまり有名ではありませんがみずほ銀行カードローンは高限度額、低金利なカードローンが存在します。みずほ銀行には2つのカードローンがあり金利3.0%~7.0%のエグゼクティブプランや金利3.5%~14.0%のコンフォートプランがあり、限度額は1000万円までとなっています。預金口座をもっている必要はありますが、カードローンと同時に申込することもでき、収入証明書も200万円以下不要となっており最短で即日利用可能となっています。また専業主婦(夫)でも30万円までなら利用可能です。

金利 3.0%~7.0%

※上記金利はエグゼクティブプランの金利で、住宅ローン利用金利引下げ適用後です。

限度額 最高1000万円
収入証明書不要額 200万円

(それ以下でも収入証明書が必要になる場合あり)

 
 

プロミスの特徴

CMでお馴染みのプロミスですが、審査時間が最短30分とにかく短いのが特徴です。WEBなら24時間申込可能となりますので前日の夜に申込しておけば翌日には融資は可能となります。カード、郵送物なしも可能なWEB完結が利用できます。また土日でも三井住友銀行かジャパンネット銀行の預金口座を持って入ればたった10秒で口座に融資が振込される瞬フリというサービスが非常に便利なカードローンとなります。初めての利用の方は30日間無利息で利用できます。

金利 4.5%~17.8%
限度額 最高500万円
収入証明書不要額 50万円または借入の総額100万円以下

(それ以下でも収入証明書が必要になる場合あり)

 

 

 

モビットの特徴

2016年ノンバンクカードローンで顧客満足度1位になったのがモビットです。消費者金融のなかで一番満足度が高いのです。一番のおすすめポイントはWEBから申込をすればカードレス、書類も電話もないWEB完結が可能であることです。WEB完結には収入証明書必須となりますが、在籍確認の電話が勤務先にかかることがありませんので借入がバレる心配もありません。土日でも即日審査~融資は可能ですが振込での対応はしていないため、WEBから申込後、自動契約機へ行けば即日融資が可能となります。

金利 3.0%~18.0%
限度額 最高800万円
収入証明書不要額 50万円または借入の総額100万円以下

(それ以下でも収入証明書が必要になる場合あり)