オリックス銀行カードローンとは?

ヘッダーの画像

現在カードローン主流は消費者金融より銀行カードローンとなっています。貸付残高も銀行カードローンの方が多くなっている時代となっています。

 

その銀行のなかで特にカードローンに力を入れているのがオリックス銀行カードローンです。オリックス銀行と聞いてピンとこないかもしれませんが、貸付残高は1000億円を突破して銀行カードローンのなかで5番目の貸付残高となっています。オリックス銀行がいかにカードローンに力をいれているかがわかります。

 

銀行カードローンと消費者金融の大きな違いとして収入証明書が必要になる金額の違いがあります。オリックス銀行カードローンは300万円以下であれば原則収入証明書が不要となっています。さすが銀行カードローンといった収入証明書不要額というしかないです。これであればおまとめローンも収入証明書不要で利用できる可能性もあります。

 

ところでオリックス銀行カードローンが選ばれる理由は収入証明書不要額が高いということだけではありません。オリックス銀行カードローンが選ばれる理由を解説していきます。

保証会社が2つあることで審査に通りやすい?

銀行カードローンの特長として保証会社を利用することが挙げられます。実質審査を行っているのは銀行ではなく保証会社であり、その審査に通らないと融資が受けられなくなります。

 

オリックス銀行カードローンでも保証会社を利用する必要があるのですが、他銀行と違い2つ保証会社があるのです。これは2つで厳しくチェックするのではなく、2つの保証会社はそれぞれ審査を行うため、両方の審査に通る必要はなくどちらかの審査に通れば融資が受けられるのです。これにより融資を受けられる可能性が広がるのです。

 

オリックス・クレジット株式会社と新生フィナンシャル株式会社が保証会社となっています。どちらもオリックス銀行カードローン以外の保証業務も行っています。この2つが保証するカードローンで問題を起こしていれば借入は厳しくなります。

 

しかし先述しましたが審査はそれぞれが行うのです。つまり信用情報に事故情報が記録されるようなことがあれば問題外ですが、それぞれ審査基準は違っていますので審査基準が2つあるということは審査に通る可能性が高くなるのです。審査基準が全く同じであれば保証会社を2つ利用する理由がわかりません。

 

金利からわかる審査基準とは?

オリックス銀行カードローンの金利は1.7%~17.8%となります。下限金利の1.7%%は最低水準といえますが、上限金利については他銀行カードローンが15%未満の設定となっていることを考えると高いといえます。また新規の借入では、ほぼ17.8%が適用されると考えられるのです。

 

しかしこの上限金利が高いことはデメリットだけではないのです。低金利であるとういことは審査はそれだけ厳しくなるということになります。金利が低くても借入ができなければ意味がありません。

 

ここでオリックス銀行カードローンの金利を詳しく見ていきます。

2016年12月20日から金利に変更ありました。
限度額 金利
100万円未満 12.0%~17.8%
100万円~150万円以下 6.0%~14.8%
150万円超~300万円以下 5.0%~12.8%
300万円超~500万円以下 4.5%~8.8%
500万円超~700万円以下 3.5%~5.8%
700万円超~800万円以下 1.7%~4.8%

 

上記がオリックス銀行カードローンの金利の詳細になります。注目して欲しいのが金利の幅です。100万円未満は12.0%~17.8%と約6%もの幅があります。他銀行カードローンでここまで幅を持たせている銀行はありません。しかも100万円未満で12%という金利は最低水準と言えるのです。

 

当然最初から12%といった金利で借入することはできませんが、12.0%が絶対適用されないということはありえません。

 

例えば50万円から70万円の増額する時に金利を17.8%から12.0%に下げるといったことも十分ありえます。

ジャパンネット銀行の口座があればいつでも借入できる?

オリックス銀行カードローンはオリックス銀行に口座なくても借入することができます。つまりどこの口座でも振込融資をおこなってくれるのですがジャパンネット銀行の口座であれば他の口座を利用するのとは違うサービスが受けられるのです。

 

それはジャパンネット銀行の口座であればほぼ24時間365日いつでも即時借入ができるのです。それ以外の口座だと15時以降や土日に振込融資の手続きをとっても借入できるのは翌営業日の9時以降となってしまい非常に不便です。

 

カードで提携ATMから借入するのも一つですが、ローンカードを持ちたくないという人にとっては便利なサービスでもあります。

 

ジャパンネット銀行はデビットカードも取り扱っており、銀行口座へ振り込んだお金を出金することなく支払等をすることも可能となります。