収入証明書不要なら即日融資も可能になる?

給与明細の画像

 

収入証明書不要であれば身分証だけで申込〜借入可能ということになり、収入証明書を用意する必要がありません。

 

収入証明書として認められるものは源泉徴収票、所得証明書類、確定申告書、給与明細等があります。家に保管してあったりすればいいですが、無ければ役所や会社に頼んで用意する必要があります。給与明細なら用意はできそうですが、結婚して奥さんが管理していたりすると用意に時間がかかる場合もあります。

 

消費者金融を中心にカードローンは即日審査、即日融資をアピールしているにも関わらず、収入証明が必要であることにより、そのサービスが受けられなくなるのです。消費者金融なら1社から50万または複数の貸金業者からの借入残高が100万円を超える場合は収入証明が必要となります。

 

銀行カードローンだと100万円〜300万円までは年収証明が不要となっていますので希望金額に合わせて申込を行うことが大事です。

 

収入証明となる書類

・源泉徴収票   ・所得証明書類   ・支払調書   ・納税通知書
・青色申告決算書 ・確定申告書    ・収支内訳書  ・給与の支払明細書

収入証明不要は即日融資への近道?

申込〜審査〜融資までが早いのは消費者金融ですが、即日審査〜融資が可能な銀行も増えてきています。

 

消費者金融は即日審査〜融資のシステムやサービスは整っていますが、それは収入証明不要の場合です。収入証明を用意する期間を含めれば即日審査〜融資とならない場合が多いのです。

 

即日融資で借りるポイントの1つとして収入証明を用意しておくかを理解しておくことがあります。例えば無人契約機で申込をする場合、収入証明を用意しておけばその場で借入することが可能ですが、用意していなければ借入できず無駄足となります。自分が借りたい金は収入証明が必要なのかは確認して申込することもポイントです。

 

消費者金融で60万円を借入する場合1社であれば収入証明が必要となりますが、30万円ずつを2社に申込をすれば収入証明不要で借入できます(既に借入があり100万円を超える場合は収入証明必要)。

 

上記のように、収入証明不要で申込めば即日融資は難しくありません。

消費者金融より銀行カードローンが早く借りられる?

収入証明が必要か不必要なのかでお金が欲しいと思ってから融資までの時間に差が生じることは理解できたと思います。

 

消費者金融は「お金を借りたい→申込→審査→融資」を最短即日で行うことが可能となっていますが、収入証明書を用意するのに1日〜2日かかってしまうことを考えれば、50万円以上の申込で収入証明を用意しなくてはいけない消費者金融より何百万円まで収入証明書が不要な銀行カードローンの方が早く借入できるかもしれません。

 

もちろん申込金額にもよりますが、高い金額や既に借入がある場合に申込する場合は銀行カードローンがお勧めです。

 

よく目にする即日審査、即日融資に収入証明を準備する時間は含まれておらず、スムーズに身分証や収入証明の提出された場合になります。

即日融資が可能な銀行カードローンは?

収入証明不要額が大きいことにより銀行でも即日融資は可能と説明しました。しかしそれだけで即日融資が受けられる訳ではありません。

 

即日融資に大事なのはまず審査時間となります。今は銀行カードローン最短30分で審査が可能となっています。三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行、新生銀行(レイク)等は審査時間は早くなっています。

 

しかし特に審査時間が早いのがスルガ銀行カードローンとなっています。審査時間は最短1分となっており、収入証明書も原則500万円までは不要となっています。平日12時までに契約完了すれば即日融資となります。銀行口座も必要なく、契約者名義の口座であればどの銀行口座でも振込で融資してくれる非常に便利なカードローンです。

 

また先ほど挙げた3つの銀行は自動契約機があり大変便利なのです。自動契約機があれば夜でも申込~審査までは可能となります。

 

消費者金融でも世間的に名前が知れているカードローンには自動契約機が設置されていますが、銀行カードローンで設置しているのは僅かとなっています。

 

50万円以下なら消費者金融?

消費者金融と比べると銀行カードローンの即日審査~融資の可能性は低く、そのシステムが構築されていない銀行が多いです。

 

繰り返しになりますが、50万円以下または借入総額が100万円以下であれ消費者金融でも収入証明書は不要となりますので申込金額を抑えることが即日審査~融資には大事なことです。

 

即日審査~融資に大切になるのが審査時間となります。消費者金融は最短30分での審査が可能であり、それに加え無人契約機の多さが15時以降でも振込での融資が可能なサービスがあることが即日審査~融資を可能にしているのです。

 

確実に即日審査即日融資を受けるためには?

お金が借りたいと思いすぐに借入できることがカードローンの魅力の1つですが、収入証明書を用意したりする必要があったりして、融資を受けるのに時間がかかる場合もあります。

 

それを回避するためには、業者ごとの収入証明書不要額を把握しておくことが大事になってきます。希望額が収入証明書不要額を超えているのなら、複数の業者で借入することにより収入証明書を用意する必要がなくなります。

 

100万円を消費者金融より借入するには1社に申込をすれば収入証明書が必要になりますが、50万ずつに分けて申込すれば必要ありません。

 

できれば無人契約機がある業者へ申込を行うことも即日に近づく要素の1つです。カードローンの借入は銀行振込かATMを利用することが多いのですが、銀行振込の場合は平日14時位まで(土日不可)に手続きが終わらないと当日口座に入金にならずローンカードも後日郵送されてきます。

 

しかし無人契約機のある業者であれば夜9時~10時まで利用できてローンカードが受取可能となり、その場で借入ができます。無人契約機があれば土日でも即日審査~融資も可能となり、郵送物もなく借入が家族にバレる可能性もなくなりますので、無人契約機が近くにあれば利用するべきです。

 

無人契約機が利用できる銀行カードローンは少ないですが、三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行、新生銀行(レイク)は利用できますし、消費者金融はプロミスやアコムといった大手であれば、無人契約機はあります。