月々いくら返済すればいい?

返済の画像

カードローンを利用するうえで気になることの1つとして月々の返済額です。カードローンは審査に通過して希望金額を借りることがゴールではなく、借入したお金を完済して初めてゴールなのです。

 

一括で返済可能な人は僅かで、ほとんどの人は分割での返済をしていくことになります。分割返済をしていくなかで月々の返済額が高すぎても、生活が苦しくなったり、返済不能に陥ってしまいます。

 

今回は収入証明書不要で借入できた場合の返済額を比較してみます。繰り返しになりますが、消費者金融等の貸金業者は50万以下または貸金業者からの借入総額が100万円以下の場合は収入証明不要で借入できますので、50万円までの借入金額で比較します。

収入証明不要で借入後の返済額は?

消費者金融の場合
カードローン 借入額10万円 借入額30万円 借入額50万円
アコム

限度額1~30万円:5,000円
限度額30万円超~100万円未満:3,000円

限度額1~30万円:13,000円
限度額30万円超~100万円未満:9,000円

限度額30万円超~100万円未満:15,000円
プロミス 4,000円 11,000円 13,000円
銀行カードローンの場合
カードローン 借入額10万円 借入額50万円 借入額100万円
三井住友銀行カードローン 2,000円 10,000円 15,000円
新生銀行カードローン(レイク) 3,000円 12,000円 25,000円

今回消費者金融はアコムとプロミスで比較しました。アコムとプロミスで収入証明書不要で最高100万円(50万円ずつ)借入が可能となり、その場合返済額は月々28,000円となります。

 

一方、銀行カードローンで100万円を借入した時の返済額は三井住友銀行カードローンで月々15,000円となりその差は13,000円となります。三井住友銀行カードローンの場合は300万円では収入証明書不要で借入は可能となりますので100万円であれば収入証明書は必要ありません。

最低返済額を入金していたらどうなるか?

銀行カードローンの方が月々の返済額は低く楽に感じられますが、あくまでも最低金額であることを理解して下さい。

 

返済額が低いということは返済期間も長くなるということです。金利は銀行カードローンのほうが低い設定ですが、三井住友銀行カードローンのように100万円金利14.5%を月々15,000円返済していたら10年以上の返済が必要となります。

 

一方アコムとプロミスから総額100万円(50万円ずつ)金利18%(実際プロミスは上限金利17.8%)を月々28,000円ずつ返済した場合は約4年~5年で返済することになります。

 

金利が違うとはいえ返済期間が5年以上違えば返済総額は三井住友銀行カードローンのほうが高くなってしまいます。

 

つまり返済額だけを重要ししていたら、完済までに支払する総返済額は大きくなってしまうのです。

返済額は多く入金すれば増額審査に有利?

今まで説明した返済額は最低返済額となります。最低返済額より多く入金するメリットの一番は借入が少なくなるスピードが速くなることです。

 

しかしそれ以外に返済額を多く入金する時のメリットがあります。それは限度額以上に借入をしたい時の増額審査に有利になることです。

 

カードローンの増額をすると返済額は上がります。審査する立場であれば毎月多く入金していれば増額をしても返済していくことは可能と判断されプラスに働くことがあります。

 

返済額が多くても返済が遅れていたり、信用情報に問題があれば審査に通過は厳しくなりますから、あくまでも決裁者が増額するか悩んだ時に背中を押してくれるようなものだと考えて下さい。