なぜ審査に収入証明書が必要ないのか?

?の画像

 

消費者金融は、2010年6月貸金業法が改正以降50万円または借入の総額が100万円を超える場合に、収入証明書のが必要となりました。それ以前は収入証明書不要で借入できていました。

 

消費者金融は、法令遵守で収入証明書を取得しているだけで、実際は収入証明書がなくても審査が可能なのです。

 

カードローンを申込する時は、必ず年収や職種、勤続年数、年齢、役職等を聞かれます。消費者金融は長年に渡りカードローンの審査うをしているので、職種や勤続年数等からおおよその年収が推測できます

 

これが、収入証明書が無くても審査できる理由です。例えば、公務員、勤続25年、課長クラスとなれば年収は700万円~800万円と推測できるのです。

 

銀行 保証会社
三井住友銀行 プロミス
楽天銀行 楽天KC
新生銀行(レイク) 新生フィナンシャル株式会社

収入以外も嘘ついて申込してもバレる?

保険証の画像

収入以外で嘘の申告をしがちなのが、勤続年数です。勤続年数は長い方が審査には有利になります。

 

では勤続年数を調べる方法はあるのでしょうか?

 

保険証には資格取得日が印字されているので、勤続年数がわかります。「資格取得日=入社年月日」となっていることがほとんどなので、勤続年数はバレてしまうのです。

 

勤続2年と申告をしておいて、資格取得日が2ヶ月前であれば不自然であるため、相違している理由を聞かれることになります。そこで正当な理由を答えることができれば問題ありませんが、うまく答えられなかったり、理由が怪しい場合は審査に通らない可能性もあります。

銀行カードローン審査通過には保証会社が重要?

銀行カードローンには保証会社がついていて審査は保証会社がしています。銀行カードローンでは保証が重要になるのです。

 

例えば、三井住友銀行カードローンで借入したいなら、プロミスを知ることが大切なのです。既にプロミスで取引があり、あまり良くない取引状況であれば、三井住友銀行カードローンでの借入は難しくなります。

 

ただ、プロミスで審査通過したからといって、三井住友銀行カードローンの審査に通る保証はありません。貸金プロミスと保証会社プロミスの審査基準は違ってくるからです。

 

プロミスとして貸付を行えば利息収入があるのに対して、保証業務では利息収入は無く、延滞されれば代位弁済するというリスクが生じますので審査が厳しくなります。

 

保証会社にあたる消費者金融のHPで簡易審査ができることもあるので、申込する前にチェックするのもいいかもしれません。