知ってますか?カードローンでお金の借り方・返し方

最近はネットショッピングがマーケットでも主流になりつつあります。ネットでの買い物はカード決済が便利ですね。その為、お金の管理もネット(ネットバンキング等)で気軽にできるようになってきました。クレジットカードの明細を確認することも出来たりします。登録すればメールで毎月決済の連絡が来るのも助かります。

 

そしてそんなクレジットカードのダイレクトメールの広告でもよく見かける、カードローンの文字。

 

お金が必要。でも、今はない。

 

手元にある以上にお金が必要な時は、額が多かれ少なかれ実際にあると思います。そんな時にお金を借りるって、どうすればいいのだろう?

 

ここで簡単にカードローンについてご紹介します。

そもそもカードローンってなんなのか?

カードローンは文字通り、カードを使ってATMなどから現金を引き出せる個人向けの融資です。中には、実物のカードは発行されない(カードレス)サービスを扱っているところもあります。

 

ちなみに、冒頭でクレジットカードも出てきましたが、カードローンとクレジットは全く別の物になります。カードローンは言わずもがな借り入れをする為のものですが、クレジットカードの主な機能はショッピングの立て替え払いです。持っているクレジットカードでカードローンを申し込むことが出来るものもありますが、クレジットとは別にカードローンの審査が必要となります。

 

クレジットの審査が通ったからといってローンの審査が必ず通るということはありません。そのため借りられる金額も限られてきます。(※クレジットカードでローンを組む際、リボ払いの場合は金利が高くつく場合があるので分割払いをおすすめします。)

 

一重にカードローンでお金を借りるといっても、様々な種類があります。まずは消費者金融(アコムやプロミス等)、クレジット会社、銀行どれが自分の借入したい状況に合うか考えます。

 

一番に気になるのは金利でしょうか?

 

金利が低く、借りる金額によって明確な金利が分かるのは銀行です。消費者金融の○%〜△%という利率を見たときに○が下限、△が上限金利となりますがこの場合は△の上限金利が目安になります。○=下限金利が銀行カードローンと比較した際に低いからといって、消費者金融の下限金利で借り入れが出来ることは稀です。

 

消費者金融は金利が高い場合が多いですが、期間限定の無利息(一定期間の金利が0円)サービスをしているところもあります。

 

融資までの時間のかかりようも気になるところですね。カードローンの申し込みは店頭窓口はもちろん、WEBや自動契約機からも簡単に出来ます。申し込む際に、すでにどこで契約するかあらかじめ決まっていて一刻も早くお金が必要な場合は大手消費者金融の自動契約機がおすすめです。

 

無人機のガイダンスに従って契約を完了後、発行されたカードを使い近くにあるATMからすぐに引き出しが可能です。

 

まだ迷っている段階で、それでもなるべく早く…といった場合はネット検索で候補の契約内容を比較しつつそのまま即日融資が可能なところを選ぶのも方法の一つです。また、WEB完結できるところで申し込みをすれば人目につくことなく借り入れ、返済が出来るというメリットもあります。

 

一つ注意したいのは、WEB契約での即日融資を希望の場合、大体のところが午前のうちに契約または申し込みの完了までしておく必要があります。申し込みの時間が遅い、もしくは対応時間外にかかると審査が翌日になる可能性があります。

カードローンを選ぶなら銀行カードローンがおすすめな理由

銀行カードローンは消費者金融に比べスピード感に劣りますが、即日融資可能な銀行もあります。銀行は、銀行法が適応されているため総量規制対象外となるため、年収の1/3を超える大口融資が可能です。まとまった金額がほしい場合におすすめです。

 

審査が銀行の場合は厳正なので、消費者金融と比較して融資まで時間を要しがちですが、ローンを組む際に指定銀行を自分の使っているものを選ぶとカードローンの手続きがスムーズになり時間短縮に繋がります。

 

いま、融資の額についても触れましたがいくらまで借りられるかというのも大事なポイントです。先述したように銀行は総量規制の除外となるので、年収の1/3を超えた借り入れが出来ます。個人の年収が低くとも、資産や家族の収入を見込むことで限度額が高く出来る場合がります。

 

一概には言えませんが、消費者金融は最高で500万円程度、銀行は500〜800万円が最高限度額として一般的に設定されています。

 

借金、というとなんとなく抵抗感や不安がありますが「借りた」なら、きちんと「返せ」ばいいのです。「世の中ギブアンドテイク」という言葉もあるように、お金も例外ではありません。寧ろ、一番そのルールが重要なものといえるでしょう。

 

カードローンの現在の主な返済方法は残高スライド元利定額リボルビング方式です。借入残高が増減しても一定額を払えばいいため毎度の返済が楽です。しかし、そのため返済完了までの期間が長くなりがちです。他にも元金定率方式や定額方式等もありますが、前者の定率方式は残高に定率がかかるので返済がしにくいことがあります。

カードローンが初めての人の為の基礎講座記事一覧

借入にはどうやっても借りる側の信用をチェックするための審査がつきものです。この審査の結果によって、借り入れが出来るかどうか決まります。どこかから何か物を借りる時に、必要になるのが信用。特にお金は例え身内、知り合いの間柄でもシビアな問題ですよね。借りても返す見込みのない人には誰だって物を貸すのは不安ですし、出来れば貸したくありません。実際に知っている人ならば、その人がどんな人なのか大体分かるので人柄...

カードローンの審査では信用情報はもちろんのこと属性もチェックされます。属性とは勤務先、雇用形態、勤続年数といったパーソナルな部分のことで、現在返済能力はあるのか、将来的に貸倒のリスクは無いかを判断する材料となります。属性の中でも重要なのは?勤務先勤続年数雇用形態(公務員、正社員、契約社員、個人事業主等)収入会社規模家族構成(一人暮らし、親同居等)年齢家の種類(持家、アパート、社宅等)上記がカードロ...

消費者金融は銀行カードローンと比較すると、収入証明不要の金額や金利の面で不利な立場にある。しかし消費者金融は銀行カードローンにはない審査の早さや様々なサービスで利便性を高めることにより銀行カードローンと勝負しています。どのようなサービスがあるのか紹介します。無利息期間サービス消費者金融のサービスといえば無利息期間サービスがあります。融資後一定の期間は無利息で取引ができて、その期間中に完済してしまえ...

消費者金融の督促は怖いっていまだに思っている人はいるのでしょうか?大手は銀行傘下に入り、イメージも昔よりはるかによくなっています。そうはいっても漫画等で闇金の世界を描いたものもありますので怖いものだと勘違いしている人がいることも確かでしょう。現実の世界でも闇金の取立は怖いと思いますが、通常の消費者金融の督促は全く違うものです。業者も自主規制はしているのですが、貸金業規制法で行き過ぎた督促は禁止され...

日本人の10人に1人がカードローンを利用しており、カードローンを利用することは今の時代は珍しいことではないのです。カードローンといえば収入が少ない人が利用するというイメージがあると思います。現に収入が少ない人が生活費のためにカードローンを利用することは多いです。では高収入(年収700万円以上)の人は利用しないのでしょうか?意外と高収入の人が利用する割合は高いのです。現在カードローンを利用中または過...

部屋を借入するのにはカードローン審査と同じく入居審査が行われます。この入居審査に通らなければ部屋を借りることはできません。部屋を貸す側も家賃を毎月払ってくれる人に借りてほしいわけですので誰にでも貸すわけではありません。そこで気になってくるのが入居審査においてカードローンの利用が審査に影響するかということです。カードローンの利用状況は誰でも簡単に見れるものではありません。もちろん仲介してくれる不動産...

奨学金を利用している人や現在奨学金を返済中の人はたくさんおられます。奨学金の借入金額は金額や年数により人それぞれではありますが必ず返済しなければならないものです。奨学金は無利子タイプと有利子タイプに分かれ金利は上限が3%となっています。ここで気になるのが奨学金は信用情報に影響があるかということになるのですが、これはどこから奨学金を借りているかによります。信用情報に影響があるのが日本学生支援機構(J...

就職活動うや転職活動をしている人の中にはカードローンを利用していたり、過去に利用して自己破産しているといった人がおられかもしれません。そんなカードローンの利用状況が就職や転職に影響を与えることはほとんどありません。このサイトでは何回かは説明していますが、カードローンの利用状況(信用情報)は第三者は見ることができません。信用情報は基本的に本人か本人が亡くなった場合に法定相続人は見ることができます。信...