増額も収入証明書不要?

お金と手の画像

 

カードローンを返済途中でお金が必要となれば、限度額内で借入をするか、それ以上必要であれば今の限度額を増やす(増額)申込をして借入をする方法があります。増額をするには、新規申込時と同じように審査に通る必要があります。

 

消費者金融は総量規制により50万円以上または他の貸金業者との借入合計が100万円以上の場合に収入証明書の提出が必要となってくるのですが、増額審査時でも当然該当すれば収入証明書は必要となります。

 

増額の場合、審査後の借入限度額が該当すれば収入証明書が必要となります。実際に手元にはいる金額ではなく、審査後の限度額が50万円を超えるかによって変わってきます。

 

つまり増額のみしておいて必要な時に借入をしようとしても限度額が50万円を超えると収入証明書が必要になるのです。50万円を借入できる状況になった時点で収入証明書が必要と考えてもらえればわかりやすいと思います。

 

それと同じく審査後の借入が100万円を超える状況になれば収入証明書は必要となります。

 

消費者金融で増額をしようとする場合、収入証明書が必要となる可能性は高くなるのです。

 

例えば借入30万円を60万円に増額する場合は収入証明が必要になるということです。手元に入った金額は30万円ですが、限度額が50万円を超えるため収入証明が必要となるのです。

 

消費者金融の場合
  • 他社借入なし 限度額30万円→50万円 不要
  • 他社借入なし 限度額30万円→60万円 必要
  • 他社借入40万円 限度額30万円→50万円 不要
  • 他社借入60万円 限度額30万円→50万円 必要

 

収入証明書不要で増額するには?

消費者金融で既に50万円借入している場合、その業者での収入証明不要での増額は無理ですが、新たに別の業者へ申込をすれば収入証明不要で借入が可能となります。

 

例えば1社50万円の借入がある場合、上記で説明したように、その業者へさらに30万円申込すると50万円を超えるため、収入証明書が必要となります。しかし別の業者へ30万円を申込しても総量規制には該当せず、収入証明書不要で借入ができるのです。

 

現在の借入状況に応じて収入証明不要で最大50万円までの借入が可能となります。件数が増えるため、返済忘れや借入がバレるリスクも高まりますが、どうしても収入証明書不要で増額したいのであればこの方法を利用して下さい。

 

現在の借入状況を把握することで収入証明書不要で増額は可能です

 

  • 他社借入1万円〜50万円 最大50万円の借入可能
  • 他社借入60万円 最大40万円の借入可能
  • 他社借入70万円 最大30万円の借入可能
  • 他社借入80万円 最大20万円の借入可能
  • 他社借入90万円 最大10万円の借入可能

 

将来的な増額も考えるなら銀行カードローン

借入の件数は増やしたくない人は、銀行カードローンを利用しましょう。今まで説明してきたように、消費者金融で収入証明不要で増額できる金額には限界がありますが、銀行ごとに金額は変わってくるのですが、だいたい100万円〜300万円まで年収証明書不要で借入できます。

 

将来的にお金が必要なること考えるのであれば銀行カードローンで借入すれば、増額希望の時でも収入証明書不要で借入できますし、件数が増えることもなく、新たに申込手間も省けます。

収入証明書が必要でも増額審査のほうがいいのか?

収入証明書不要で増額したい場合は新しくカードローンへ申込すれば可能と先述しましたが、できれば新しく申込するより、一つのカードローンで増額したほうがお得になります。下記の表を見て下さい。

 

金利は限度額が高くなると低くなる

三井住友銀行カードローンの場合

限度額 金利
100万円以下 12%~14.5%
100万円超~200万円以下 10%~12%
200万円超~300万円以下 8%~10%
300万円超~400万円以下 7%~8%
400万円超~500万円以下 6%~7%
500万円超~600万円以下 5%~6%
600万円超~700万円以下 4.5%~5%
700万円超~800万円以下 4%~4.5%

 

上記は三井住友銀行カードローンの金利となり、カードローン全体に言えることなのですが、限度額が増えるに連れて金利が下がるのです。

 

これが複数の借入れをするより、一つのカードローンで増額をしてほうがいい理由です。高い金利のカードローンが複数あるより、金利の低いカードローンが1枚の方が断然お得になるのは理解できると思います。

 

ちなみに消費者金融では限度額ごとの金利がわからない場合がありますが、消費者金融では100万円を超える時の上限金利は15%までと利息制限法で決められていますので、18%からだと3%金利下がるため、メリットは十分あります。

増額ではなく新規借入を選ぶデメリットは?

収入証明書不要だからといって新たな借入することにはデメリットがあります。新たな借入するということは返済する件数が増えてしますということです。

 

返済する件数が増えると返済忘れする、カードを持つことで借入がバレる可能性がそれぞれ高くなります。

 

返済忘れをすると督促状が届いたり、新たにカードが自宅に送られてきてバレてしまうのです。

 

また返済するのに手数料が必要になってしまうこともあります。プロミス、アコムでもコンビニ等の提携ATM利用を利用する際に、1万円以下は108円、1万円超は216円の手数料がそれぞれかかってきます。

 

以上の様に新たな借入をすることで借入がバレる可能性が高くなったり、むだな手数料を支払わなければならなくなります。

増額審査って時間かかる?

新規でカードローン申込をすると審査時間は違ってきますが、消費者金融を中心に即日審査は可能となってきています。まず増額審査は内容に変更がないか確認を行い、信用情報、在籍確認の問題なければ融資可能となります。

 

では増額審査の場合、即日審査は可能なのでしょうか?

 

増額審査は当日可能と言えるでしょう。増額の場合、業者から案内がある場合と、契約者からお願いする二つのパターンがあります。

 

まずは業者から増額の案内がある場合ですが、借入後の返済などを確認して問題がないと判断されれば連絡があります。業者は取引中も定期的に返済に問題ないか、内容に変更はないかなどをチェックします。これを途上審査というのですが、ここで増額の審査もかねている可性も高く、電話があれば高い確率で増額は可能であり審査時間も短くなります。

 

契約者から増額をお願いする場合は、案内がある場合より時間がかかるでしょう。新規融資でも即日審査が可能になっていますので、即日審査は十分可能ですが、融資額は大きくなるので時間はかかると考えられます。