プロミスとアコムは収入証明書不要で借りれるのか?

カードローンやキャッシングをする際に全く知らない人に収入証明書を見られてしまうというのは嫌なものです。

 

なので、収入証明書がなくてもキャッシング出来ないものかと探してみる人は多いのではないでしょうか。

 

実はそんな願いを叶えてくれる金融会社というのはあるのです。それに、来店する必要もなくてネットの申し込みでオッケーなんですよ。

 

源泉徴収票や所得証明などが必要のない金融会社。そんな所があったら借入れの時でもささっと口座に振り込みも出来ますし、カードを使ってのキャッシングも出来ますよね。

プロミスもアコムも50万円以下なら収入証明書不要で借りられます!

プロミスの場合、申し込む際には本人確認書類というのが必要になってきます。本人確認書類はいずれかの一種類があれば大丈夫です。

 

運転免許証かそれがない人はパスポート。外国籍の人は在留カードか特別永住者証明書などを提出する必要があります。

 

50万円を超えない借入れ額だと原則的には収入証明書は不要です。もし他社との借入れ額の総合計が100万円を超える場合は収入証明書の提出が必要となってきます。

 

限度額は500万円で、年利は4.5パーセントから17.8パーセントとなっています。利用限度額内であれば出し入れ自由となっています。もちろん、担保や保証人は必要ありません。

 

ウェブで契約するなら審査は最短30分というスピーディさ。また、来店は不要で即日融資が可能となっています。ただ平日の14時までに契約完了が必要となっていますので注意が必要です。三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を持っていれば18時くらいまでにウェブから申込をしてもらって、スムーズにいけば即日融資可能です。条件としてWEB完結をする必要があります。

 

プロミスの最大のメリットというのは30日間無利息のサービスです。これは初めてプロミスを利用する人だけで、メールアドレスの登録と受け取った書類をウェブ明細で確認するというのが条件で、この条件をクリアすれば適用されます。

 

他のサービスとしては3秒診断や返済シミュレーションなどもあります。チェックはとても簡単なので、検討の価値はありですね。

アコムは18時までなら即日融資可能?

アコムも収入証明書無しで借入れが可能です。限度額は500万円、金利は3.0パーセントから18パーセントとなっていて、最大の特長は主婦やパート、アルバイト、派遣社員でも申し込みが可能という事。また、3秒診断というサービスがあり、借入れ可能かどうか診断出来るようになっています。

 

また、審査結果も最短30分で、急いでお金が必要な人の強い味方です。

 

ただ、即日振込をして欲しい人は平日に申し込み後本人確認書類を14時までに提出、アコムに確認してもらう事が条件になっていますが、アコムの場合は楽天銀行の口座があれば、ほぼ24時間365日受付対応で1分程度で振込されます。初めて借入される人に限り、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行であれば平日18時まで受付可能で19時までに振込が完了します。

 

アコムは最大で30日間金利ゼロサービスをやっているので、お得に利用する事が出来ます。ただし、新規契約した人で返済期日を35日ごととした人だけが対象です。

プロミスは何時までなら即日振込融資可能?

アコムの場合、特定の金融機関の口座があれば振込融資の時間が14時以降になった場合でも振込融資が可能となっています。

 

プロミスでも同様なサービスがあります。プロミスの場合は三井住友銀行、ジャパンネット銀行の口座があれば受付後最短10秒で振込融資されます。

 

通常は当日18時申込をしたら自動契約機へ行かないと即日借入はできません。しかしプロミスの場合は18時頃にWEBから申込をしても自動契約機へ行くことなく、銀行口座へ振込融がされます。

 

条件としては、返済方法を三井住友銀行かジャパンネット銀行を使って口座振替のする必要がありあます。

 

アコムと同じく審査時間も最短30分となっていますので、申込から1時間以内での借入も十分可能となります。

 

アコムとプロミスで収入証明書以外に用意しておくものは?

アコムとプロミスで借入をする時に50万もしくは貸金業者からの総借入金額が100万円を超える場合は収入証明書が必要になりますが、その他に必要な書類はあるのでしょうか?収入証明書以外に用意しなければならないものは運転免許証、パスポートといった身分証明書です。さすがに身分証明書不要での借入はできません。

 

アコムやプロミスに申込するのにあたって用意しておいた方がいいのが特定の銀行口座です。特定の銀行口座を用意しておけば便利なサービスが利用できます。

 

アコムであれば楽天銀行、プロミスであれば三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座があれば、ほぼ24時間365日いつでも借入ができます。しかも受付からアコムなら約1分、プロミスにいたっては最短10秒で口座に振込融資がされるのです。

 

また通常は14時半まで契約が終わっていなければ当日に銀行振込はできないのですが、アコムは三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行の口座があれば新規借入のみ平日18時まで契約が終われば19時までに振込されます。プロミス三井住友銀行、ジャパンネット銀行の口座があれば同様のサービスが受けられます。

アコムとプロミスの成約率は何%くらいか?

アコムやプロミスは消費者金融であるため。50万円または貸金業者の総借入金額100万円以下であれば収入証明書が不要なのはわかったが、実際融資は受けられるのか心配なかたもおられます。

 

そこでアコムとプロミス新契約の成約率を見てみましょう。

 

アコムは直近3ヶ月の平均は48.6%となっているのに対して、プロミスは43.4%となっています。アコムの方がやや成約率が高く審査には通りやすいという結果になっています。

 

あくまで消費者金融の2業者しか比較していませんので審査が甘いかは不明です。実際銀行カードローンの成約率はわかりません。

 

しかし2人申込すれば1人は借入できるのであれば審査を通過できる可能性は高いと言えるのではないでしょうか。

アコムの成約率
2016年6月 2016年7月 2016年8月
新規申込数 39,181 36,747 38,603
新規顧客数 19,081 17,645 18,978
成約率 48.7% 48.0% 49.2%

アコムマンスリーレポート参照

プロミスの成約率
2016年6月 2016年7月 2016年8月
新規申込数 37,754 37,135 41,269
新規顧客数 16,723 15,553 18,242
成約率 44.3% 41.9% 44.2%

プロミス月次データ参照