おまとめローンの審査でも収入証明書は必要か?

金利下がるの画像

おまとめローンや借り換えローンを聞いたことがあると思います。この2つのローンを同じものだと勘違いしている人もいます。同じ特性があり、金利を安くして返済を楽にするのが目的となっていることです。

 

おまとめローンは複数の借入を金利の低い業者で1本化するローンであり、借り換えローンは1社からの借入を金利に低い業者へ移すローンとなっています。

 

この2つのローンに向いているのは銀行カードローンと言われています。まずは金利の面です。消費者金融と比較して銀行カードローンの多くは上限金利でも14%となっており多くの消費者金融が18%と設定しているのでこの時点でおまとめローンや借り換えローンとして利用できることがわかります。

 

銀行カードローンの使い道は自由ですのでおまとめおローンや借り換えローンとして利用することは何ら問題ありません。収入証明書不要額も高いので、おまとめローンや借り換えローンのために、収入証明書を用意する必要はありません。

 

アコムやプロミスにはおまとめローンに特化した商品があります。これは総量規制にひっかからないようにするためです。本来年収の1/3までしか借入はできないのですが、おまとめローン(契約者が有利になる契約)であれば例外的に年収の1/3を超える貸付ができるのです。

 

おまとめローンが総量規制の対象外とありますが、収入証明書不要での借入はできません。年収の1/3以上の借入ができるだけで50万または貸金借入合計100万円を超える時は収入証明書が必要となってくるのです。

 

銀行カードローンは収入証明不要でおまとめローンとして利用できます。申込の時に利用目的をおまとめローンや借り換えローンとして申込をすれば通常の審査となり収入証明書不要で利用できます。

 

収入証明書不要でおまとめローンを利用するには銀行カードローン?

消費者金融でも銀行カードローンでもおまとめローンや借り換えローンは利用できます。

 

どちらがおまとめローンや借り換えローンにむいているかといえば銀行カードローンです。おまとめローンで重要な金利が低い銀行カードローンは低いのです。

 

また収入証明書不要でおまとめローンを利用したい時も銀行カードローンを選びましょう。消費者金融は銀行カードローンと比べ収入証明書が必要となる金額が低い為です。

 

消費者金融でまとめることも可能でありますが金利を銀行と比べると高くなりますので少し不利ですが金利を下げることが可能であれば十分利用できます。利息制限法にて100万円以上の借入の上限金利は15%となっています。100万円以上消費者金融から借入があれば消費者金融でまとめることで18%→15%へと金利の引き下げは可能となります。

 

おまとめローンの目的は返済を楽にすることであると説明しましたが、返済を楽にするとは、月々の返済を楽にするか、総返済額を下げるの2つが挙げられます。

 

毎月の返済を楽にするのは返済額が低い業者を選択し、総返済額を下げたいのであれば金利が低い業者を選択すべきなのです。

 

つまり利用する人の目的に併せて業者を選択すれ次第で受けられるメリットは違ってくるのです。

 

収入証明書不要でおまとめローンを利用するのにおすすめの銀行カードローン

※審査次第では金額問わず収入証明書が必要な場合あり

 

銀行カードローンならおまとめローンでATM手数料を抑えられる?

おあまとめローンのメリットとして借入件数が少なくなることにあります。

 

カードローンの返済でATMを利用している人も多いでしょう。しかし、ATMで返済するのに手数料がかかることがあります。プロミスやアコムは1万円以下で108円、1万円超で216円の手数料がかかってきます

 

例えば3社から借入していたら、返済手数料だけ最高648円が毎月必要となってくるのです。こんなもったないことはないのです。ここでおまとめローンを利用すれば、金利も下がり、無駄な手数料も抑えることができるのです。

 

三井住友銀行カードローンやオリックス銀行カードローンであればコンビに提携ATMの手数料0円となりますので、おまとめローンの候補に入れておきましょう。

おまとめローンや借り換えは金利が重要?

収入証明書不要でおまとめローンや借り換えするには消費者金融では難しくなります。やはり銀行カードローンを利用するべきだと考えます。銀行カードローンなら100万円~500万円までなら収入証明書不要で借入することができます。

 

しかしおまとめローンや借り換えで気になるのは金利だと思います。金利を下げることはおまとめローンや借り換えの一番のポイントとなるからです。収入証明書不要で借入できても金利が高ければ意味がないからです。

 

低金利でおすすめなのはみずほ銀行カードローンです。みずほ銀行のエグゼクティブプランなら3.0%~7.0%(住宅ローン利用金利引き下げ適用後)の低金利で借入できます。しかも200万円なら収入証明書不要で借入することが可能なのです。コンフォートプランでも3.5%~14..0%で借入できますのでおまとめローンとして利用する価値はあります。

 

収入証明書がネックになる人は500万円まで収入証明書不要のスルガ銀行カードローンがおすすめです。金利は3.9%~14.9%と少し高いと感じてしまうかもしれません。

取引中のカードローンでまとめたほうが有利?

おまとめローンの借入先を新規で申込するのもいいのですが、現在取引中のカードローンをおまとめローンとして利用することをおすすめします。

 

金利や返済額などを見て新たな借入先へ申込することも非常に大事ですが、審査に通らなければ意味がありません。金利や返済額の下げ幅が小さくても取引中のカードローンの方が審査に通りやすいです。

 

その理由は返済実績がはっきりわかるからです。取引中のカードローンを利用するということは、増額するということです。

 

増額の幅が大きくなるので審査は厳しくなるでしょうが、おまとめローンとして利用するのであれば審査は通過しやすくなります。

 

増額の記事でも述べましたが、毎月の返済額を多くしておくことは金額が大きくなるおまとめローンの審査には大きなプラス材料となります。

まとめた後が大事!

おまとめローンで利用した場合はその後の借入できません。おまとめローンの目的は金利を下げることと、完済することにあります。

 

おまとめローンで利用したカードローンでの限度額内での借入れもできなくあります。とはいえ借入が絶対できないわけではありません。まとめた後、返済が楽になったからといって、他社から借入をしてしまうと結局借入総額が増えてしまったりすることもあります。

 

あとよくあるのがおまとめローンとして借入したのに他社完済に利用することなく、別のことに使ってしまうことです。こうなったら最悪です。ただただ借入、返済額が増え、返済不能に近づくだけです。

 

プロミスなら自分で他社完済する必要はなく、借入先に契約者の名前で振込をしてくれます。しかも手数料0円ですので非常に便利だと思います。