消費者金融は一定額以下なら収入証明書類の提出は不要

消費者金融のカードローン・キャッシングに申し込みされると、運転免許証や健康保険証やパスポートなどの本人確認書類の他にも収入証明書類の提出が必要です。

 

収入証明書類は源泉徴収票や確定申告書、税額通知書、所得証明書、給与明細書などで準備するのが面倒だったり、準備出来ない方も中にはいらっしゃると思います。

 

そんなときでも収入証明書類の提出が不要になるケースがあります。

 

個人の方が多重債務に陥ってしまわないように、2010年6月18日に改正貸金業法が完全施行されました。
これにより貸金業者からの借入総額は年収の3分の1までと制限がかけられています。

 

そのため消費者金融のカードローン・キャッシングでは収入証明書類にてお申込者の年収を確認することが必要になりました。

 

しかし収入証明書類による年収の確認は一定以上の金額で行われており、それ以下では行われないです。

消費者金融で収入証明書不要な場合は?

収入証明書類の提出が必要な場合は、お申し込みした消費者金融のご利用限度額が50万円を超えた場合、そのご利用限度額と他の貸金業者からの借入額の合計が100万円を超えた場合です。

 

逆に言うとそれを超えなければ収入証明書類の提出は不要なのです。

 

収入証明書類の準備が難しい場合はご利用限度額のご希望が50万円を超えないようにする、他の貸金業者から借入がある場合はご利用限度額との合計が100万円を超えないようにされると良いです。

 

貸金業者は消費者金融会社や信販会社、クレジット会社などが該当します。銀行は銀行業なので貸金業者ではありません。

 

銀行の住宅ローンや銀行のカードローンは総量規制対象外になるので、借入は計算に入れなくて大丈夫です。

 

総量規制では専業主婦の方は配偶者と併せて借入総額年収の3分の1までならお金を借りることが可能となっています。

 

その代わりに配偶者の同意を得ることが必要、配偶者との婚姻関係を証明する書類が必要です。その他にも前述したように一定以上の金額になる場合は収入証明書類が必要となってきます。

 

しかし消費者金融のカードローン・キャッシングでは手続きが煩雑になり過ぎるため専業主婦の方には貸付を行っていないところがほとんどです。配偶者に内緒でお申込みすることが困難と言った理由もその一つです。

 

銀行のカードローンは総量規制の対象外なため専業主婦にも貸付しているところがあります。

 

ご利用限度額は30万円から50万円ほどですが、一定金額以下なので配偶者の収入証明書類の提出は求められません。

 

配偶者の同意を得なくても良いですし、配偶者の勤務先への在籍確認を行わない銀行もあるので内緒でお申込みすることが可能です。

銀行カードローンでの収入証明書不要な場合は?

カードローンには消費者金融の他に銀行カードローンもあります。消費者金融では50万円または貸金業者からの借入総額が100万円を超える場合は収入証明書が必要となりますが、銀行カードローンの場合はどうなのでしょうか?

 

ここでも関係しているのが総量規制です。総量規制導入以前、消費者金融は収入証明無しで借入可能でした。

 

つまり総量規制対象外の銀行カードローンに収入証明書が必要になる借入の制限はないのです。

 

法律的に収入証明書不要で借入できる銀行カードローンですが一定に金額を超えると収入証明書が必要となってきます。金額は銀行ごとで違っており、概ね100万円~300万円までなら収入証明書不要で借入れができます。消費者金融よりも高い金額まで収入証明書不要での借入が可能となるのです。

 

全く収入証明書を必要としない銀行カードローンも存在するのです。