カードローンを利用していたら就職に不利なのか?

就職活動うや転職活動をしている人の中にはカードローンを利用していたり、過去に利用して自己破産しているといった人がおられかもしれません。そんなカードローンの利用状況が就職や転職に影響を与えることはほとんどありません

 

このサイトでは何回かは説明していますが、カードローンの利用状況(信用情報)は第三者は見ることができません。信用情報は基本的に本人か本人が亡くなった場合に法定相続人は見ることができます。

 

信用情報はCIC(シーアイシー)JICC(日本信用情報機構)KSC(全国銀行個人信用情報センター)この3つ情報機関が管理しており、銀行や消費者金融、信販会社はどれか1つには加盟しています。

 

信用情報を利用できるのは加盟している業者だけでありカードローンの審査のためにしか利用してはだめなのです。就職の選考作業に信用情報を利用することは禁止されています。

 

また採用する側も選考する基準は本人の能力において選考し、信用情報等で選考することは禁止されています。

信用情報は勝手に見られているかもしれない?

説明したように信用情報を見ることができるのは情報機関に加盟している金融機関のみですので、その他の会社は信用情報を見ることはできません。

 

加盟していない会社が信用情報を見るには本人へ開示請求をさせて見る以外にはありません。選考の段階で信用情報の提出を求めてくるのは通常の会社ではありませんので注意が必要となりますのできっぱり断って下さい。

 

提出しないことが選考に全く影響ないとも言い切れませんので、どうしても入社したく信用情報に問題がなければ提出しても問題はないと思われます。

 

しかしここで問題になるのが信用情報機関に加盟している会社への就職を希望した場合です。加盟している会社はいつでも信用情報を照会できますが1つ条件があります。

 

照会するには本人の承諾が必要になります。信用情報は氏名、生年月日、電話番号等の簡単なことを入力すrだけで照会することができますので本人の承諾なしに照会すること事体は可能ですが禁止されています。だからカードローンに申込するといは信用情報照会への同意が必須となっているのです。

 

問題は信用情報機関に本人の承諾があったかがわからない点にあります。選考に落ちた理由がわからない場合は本人で信用情報を照会してみるといいかと思います。信用情報を照会した記録も残りますのでカードローンに申込もしていないのに照会されていたら選考で利用された可能性もあります。

内定者はカードローンを利用できるのか?

就職活動は内定が貰えれば終了となります。しかし内定通知を貰ってすぐ働ければいいですが、新卒採用のように実際働くまでに時間がある場合もあります。収入は無いけど仕事は決まっている状況です。

 

結論からいうと内定者はカードローンの利用できません。本採用となり仕事を始めれば給料を貰う前でも審査に通れば利用できるのです。

 

あくまでカードローンの利用には安定した収入が必要となるからです。つまり働いてすぐは安定しているか不明ですので審査に通りにくいのは仕方ないでしょう。また勤続年数をごまかそうとしても保険証の資格取得日を見れば入社日はわかりますので注意が必要です。

 

アルバイトやパートであれば翌週から働くことも可能ですので、専業主婦(夫)の方等がアルバイトやパートを始めた場合は入社年月日の判別が難しいため長く働いていることにしてもバレることは少ないです。

関連ページ

カードローン借入審査の信用情報ってなに?
カードローンでは借入するにあたって、必ず審査がありますが、審査の中でもっとの重要なのは信用情報です。信用情報はどんな項目があって、何が載ってるのか?その疑問に答えます。
カードローン審査でチェックされる属性とは?
カードローンの審査で重要視されるのは信用情報と属性です。カードローンにおける属性とは何か説明します。
消費者金融の様々なサービス
消費者金融は銀行カードローンと比較して金利や市収入証明不要金額で見劣りすりところもありますが、独自のサービスを展開していますので説明めします。
督促はある意味怖い!?
消費者金融の督促は怖いイメージがあります。しかし実際は法律で規制されており怖いものではありません。規制されている行為について説明します。
カードローン利用者の年収は?
カードローンを利用している人は収入が少ないのか?カードローンと年収の関係について説明します。
借金があると部屋が借りられない?
カードローンでお金の借り方・返し方などの基本的な知識や今更恥ずかしくて聞けないほどの初歩的なことに関して、初心者でも分かり易く説明しています。
奨学金はカードローン審査に影響を与えるのか?
奨学金を利用していることが、カードローンの審査に影響を与えることがあるのか説明します。