カードローン借入審査の信用情報ってなに?

借入にはどうやっても借りる側の信用をチェックするための審査がつきものです。この審査の結果によって、借り入れが出来るかどうか決まります。どこかから何か物を借りる時に、必要になるのが信用。特にお金は例え身内、知り合いの間柄でもシビアな問題ですよね。

 

借りても返す見込みのない人には誰だって物を貸すのは不安ですし、出来れば貸したくありません。実際に知っている人ならば、その人がどんな人なのか大体分かるので人柄が基準になったりします。

 

信用情報とはいわゆる正確な金融取引に関わる個人情報のことです。借り入れの際にはこの情報の提供に同意の上、契約を進めます。貸金業者や銀行はJICC(日本信用情報機構)、CIC(シー・アイ・シー)、KSC(全国銀行個人信用情報センター)といった機関に加盟しており、登録されている信用情報をもとにお金を貸す人を選んでいます。

 

JICCとCICは金融庁に貸金業法にのっとって指定されている指定信用情報機関で、KSCは日本国内の銀行やその持株会社を代表し取りまとめる、一般社団(営利を目的としない)法人です。これらの個人信用情報機関内で管理されているデータと、借入をしたい利用者の申し込みの際の情報を照らし合わせて審査をします。嘘や不明確な情報で契約の申し込みをすればもちろん審査は通りません。

信用情報機関はお互いに情報交流をしています

JICCは消費者金融機関、CICはクレジット会社、KSCは銀行が主となっています。特にJICCとCICは重ねて加盟していることが多く、お互いの情報の交流も盛んです。

 

その為、重ねて加盟している場合、どちらかで既に借り入れをしている際に現在の借り入れ情報や過去の借り入れ返済の情報が消費者金融、銀行両方が把握できるようになっていたりします。詳しく説明すると、三機関ともが交流しているネットワークをCRINといいそれぞれの機関にある信用情報のうちの特に延滞や紛失などのブラック情報を交流しています。

 

また、FINEというKSCを除いたJICCとCICのみのネットワークもあります。こちらは主に利用者の借り入れ総残高の情報(ホワイト情報)が把握できるようになっています。合わせて、銀行カードローンが保証会社に貸金業者を立てていることについても軽く触れておきます。それというのも銀行が借り入れ利用者から返済金を回収できなかった際に、貸金業者の保証会社から代わりに返済されるからです。

 

だからといって、銀行に返せなかったお金が水に流れるというわけではありません。返済を要求する権利がその保証会社に移り、そちらに返済することとなります。(これを求償権といいます)

 

ちなみに、信用情報による審査が甘く通るからといって、公的機関(財務局又は都道府県など)に登録がされていないのに金銭の貸し出しをしているヤミ金融は違法です。貸金業の無登録営業そのものが重い刑事罰(10年以下の懲役または3,000万円以下の罰金。両方の場合等も)にかかります。

 

TVのCMや広告などで見かけるような大手の消費者金融や銀行でない小規模貸金業者のことを街金といったりもしますが、そのように偽っているヤミ金融も含まれていたりするので注意が必要です。

 

借りる側だけでなく、貸す側の信用も大切です。初めての借り入れは大手消費者金融や銀行を利用すると安心感があるといえます。

指定信用情報機関に登録されている信用情報はどんな項目なのか?

信用情報の中身は簡単に、下記のようになっています。

【基本的な個人情報】
氏名、年齢、生年月日、住所、連絡先(携帯・自宅)、勤務先会社名、会社電話番号、など 

 

【契約内容】
どこの金融機関で、いつ、いくら、どのような方法で借りたのか。過去の借り入れや現在利用中の履歴も。

 

【返済状況】
借り入れの残高、前回の支払日、次回返済期日、完済日付、直近の支払い状況や延滞が過去にあったか。

 

【金融事故の有無】
いわゆる、異動情報。債務整理や自己破産、長期(3ヶ月以上)の延滞などの大きな金融事故がなかったか。これらはブラック情報とも言われています。

ところで、この個人信用情報は自分でも確認することが出来ます。信用情報機関には情報を開示する義務があります。JICCは携帯(ガラケーでも可)、書類郵送、窓口で申し込みが可能で、前者二つは開示結果が郵送されてきます。

 

窓口は必要書類を提出し、同じく窓口で結果を受け取ります。CICはインターネットで申し込み(一時間以内に受付番号を使用する)、そのまま結果を画面で開示出来ます。JICCと同じく郵送と窓口でも申し込めます。KSCは郵送での申し込み、開示となります。

 

特にチェックされるのは、やはり延滞や金融事故(自己破産や債務整理など)の有無です。これらを「信用情報の傷」とも言いますが、それは異動情報(ブラック情報)が一定期間保管され名前が消えず借り入れは勿論、クレジットカードの作成や賃貸契約等もしにくくなります。異動情報に載ってしまう原因としては自己破産や債務整理、三ヶ月以上の返済の延滞などです。

 

最高で5年間、信用情報の傷は残ります。お金が必要なはずが本末転倒…手痛いペナルティになる前にしっかり返済を心がけましょう。借入に限らず、どんな手続きでも身の上に不安なく出来るに越したことはありません。

申込した情報も残る?

信用情報に長期延滞や事故破産などの情報があったら審査に不利になることは理解できるはずです。

 

信用情報には申込情報も記録されます。そんなのものを記録してどうなるのかと思うかもしれませんが、審査において申込情報もしっかりチェックされているのです。

 

短期間に何度も申込をしていたら、「すごく金に困っている」や「やみくもに金をかき集めている」「借入が一気に増える」と心配になり審査が不利となります。このような状態は申込ブラックと呼ばれています。

 

しかしこの記録は半年で消えますので、審査に落ちたら半年待って再度申込することをおすすめします。

関連ページ

カードローン審査でチェックされる属性とは?
カードローンの審査で重要視されるのは信用情報と属性です。カードローンにおける属性とは何か説明します。
消費者金融の様々なサービス
消費者金融は銀行カードローンと比較して金利や市収入証明不要金額で見劣りすりところもありますが、独自のサービスを展開していますので説明めします。
督促はある意味怖い!?
消費者金融の督促は怖いイメージがあります。しかし実際は法律で規制されており怖いものではありません。規制されている行為について説明します。
カードローン利用者の年収は?
カードローンを利用している人は収入が少ないのか?カードローンと年収の関係について説明します。
借金があると部屋が借りられない?
カードローンでお金の借り方・返し方などの基本的な知識や今更恥ずかしくて聞けないほどの初歩的なことに関して、初心者でも分かり易く説明しています。
奨学金はカードローン審査に影響を与えるのか?
奨学金を利用していることが、カードローンの審査に影響を与えることがあるのか説明します。
カードローンの利用は就職に影響するか?
カードローンでお金の借り方・返し方などの基本的な知識や今更恥ずかしくて聞けないほどの初歩的なことに関して、初心者でも分かり易く説明しています。